森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜

料理人・森野熊八のラジオ番組「森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜」のスタッフがお送りする公式ブログです。

唐揚げ

2014年4月から全国各局で放送中、料理人・森野熊八さんのラジオ番組「森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜」。

番組では、熊八さんが全国で出会った季節の味、おいしい味をご紹介。生産者や製造元に電話でインタビューするほか、とっておきの熊八レシピもお送りしています!(一部地域ではオンエアされていない内容もあります)

番組スタッフがお送りするこの番組公式ブログでは、お送りした内容の一部をご紹介します。

【からあげ】しょうゆ味、塩味、カレー味…なに味が好きですか

2018年6月25日の週は、「からあげ」についてお送りしました。

300c955538772721694df616caaebaa5_s

からあげ


みんな大好きなからあげ。江戸時代に「からあげ」という料理があったそうですが、それは現在のからあげとは全く別のもの。豆腐を揚げて醤油と酒で煮た料理だったようです。

外食メニューとしての「からあげ」は、銀座の三笠会館で昭和初期に生まれました。

一般の家庭に並ぶようになったのは、ここ40年ほど。家庭料理の定番でしたが、ここ最近は「家では揚げ物を作らない」というご家庭も増え、またからあげ専門店も増え、再び外食メニューの定番となってきた気がします。

熊八の定番からあげ
  1. 鶏もも肉を食べやすい大きさに切ります。むね肉の場合は薄めに切っておきます。
  2. 醤油(2)、酒(1)、みりん(1)、生姜汁(1)を(2対1対1対1の割合で)あわせて、肉に絡めておきます。
  3. 小麦粉と片栗粉を1対1の割合で混ぜたものを下味をつけた肉につけて、溶き卵をつけ、もう一度粉をつけから揚げれば、カリッとしたからあげの出来上がり。
  4. 粉→卵→粉→卵をつけて揚げるとしっとり仕上がります。
塩からあげ
  1. 鶏肉を食べやすい大きさに切り、塩、胡椒、酒を振って揉み込みます。
  2. ここに小麦粉と片栗粉を混ぜた粉(小麦粉だけでもOK)をつけ、卵をつけ、粉をつけて揚げます。
  3. 天ぷら衣のように粉と卵と水を混ぜたものをつけて揚げる場合は、先に下味をつけた鶏肉に粉をまぶしてから衣をつけてくださいね。
  4. 塩胡椒だけでなく、スパイスを入れるのもオススメ。中国料理のスパイス「五香粉」を少しだけ入れるといい感じの仕上がりになります。



味噌からあげ
  1. 味噌2、酒1、みりん1の割合で混ぜ、お好みで生姜汁1を入れます。味噌はものによって味が違うので、加減しながら入れてください。これで鶏肉に下味をつけます。
  2. すりおろしニンニクをちょっとだけ入れるのもあり。
  3. 粉つけて、卵をつけて、粉をつけて揚げれば出来上がり。
  4. 味噌に入っている大豆の粒の部分は焦げやすいので気をつけましょう。
カレーからあげ
  1. からあげのベースは塩味でもしょうゆ味でもOK。
  2. 揚げたてのからあげを紙袋に入れ、からあげ5個に対して小さじ1/2くらいのカレー粉を入れて袋をしっかり閉じて振ります。
  3. 揚げる前にカレー粉をつけると、揚げ油にスパイスの味が移ってしまうので、からあげが出来上がってから最後にまぶすのがオススメです。

8月17日〜 栃木と唐揚げ

8月17日~8月22日の放送は、栃木県を取り上げました。

栃木県大田原市で盛り上がるご当地グルメ「さんたからあげ」!

とうがらしの郷づくり推進協議会・会長の吉岡博美さんにお話をうかがいました。
 

大田原市は唐辛子の産地。実は吉岡さんのご先祖が東京でカレー粉製造業を営んでいたころ、安定した量の唐辛子を確保しようと模索した結果、大田原の地にたどりついたんだそうです。戦後、大田原では「栃木三鷹(とちぎさんたか)」という品種の唐辛子も誕生。全長5センチくらいでとにかく辛く、1本に100〜150の実がつくという収穫量の多さも特徴なんだとか。

この「栃木三鷹」を使って開発されたのが、ピリッと辛い唐揚げ「大田原さんたからあげ」です。大田原さんたからあげ」を名乗る条件は、栃木三鷹を使って刺激のある唐揚げにすることだけ。お弁当屋さんでは定番メニューになっているそうです。


◯「とうがらしの郷づくり推進協議会」のサイトはこちら
http://www.ohtawaracci.or.jp/hot/ 

栃木県大田原市を訪れたら、ぜひ「大田原さんたからあげ」を食べてみてくださいね。



今週の熊八レシピは「唐揚げチャーハン」


唐揚げは、もともと油が入っているので、ごはんがパラっと上手にチャーハンを作ることができますよ。


【作り方】
フライパンでサラダオイルを温めてから、溶き卵を入れてかき混ぜる。卵に7割火が通ったら、いったん卵を出しておき、フライパンでネギ、刻みザーサイ、唐揚げ、ごはんを入れて炒めてから卵を戻す。塩コショウで味を整える。お好みで醤油をどうぞ。

プロフィール
料理人・森野熊八

料理研究家の祖母の影響から、幼心に料理に興味を持つ。16歳から包丁を握り、大学卒業後、フランス料理、イタリア料理を修業。その後、より料理の本質を見極めるため、30歳にして通信教育で家庭科教員免許を取得、大学の講師も務めた実績もある。また、90年より《料理の作り方を歌詞にして、歌いながら料理を作る》というまったく新しいタイプのクッキングショーを考案、料理教室やライブハウスなどで多いに注目を集め、CDもリリースしている。 
放送局・日時
STVラジオ
毎週土 5:05~5:15

青森放送
月~金 11:45~11:55

秋田放送
月~金 12:30~12:40

山形放送
月~金 16:40~16:50

ラジオ福島
月~金 12:50~13:00
楽天市場
記事検索
-PR-


Amazonライブリンク
番組へのメッセージはこちら

名前
本文
カテゴリー
アーカイブ