2018年7月2日の週は、「ゴーヤー」についてお送りしました。

2aab6d76caea3f8173d135b2aa640d57_s

ゴーヤー

別名ニガウリとか、ツルレイシとか呼ばれる。熱帯アジア原産、沖縄の伝統野菜。旬は7月〜8月。

独特の苦み成分は、「モモルデシン」によるもので、胃液の分泌を促し、食欲を増進させてくれる働きがあるそうです。

ゴーヤーの魅力は、他の野菜に比べビタミンCが豊富で、加熱しても壊れにくいこと。また、ミネラル分も豊富なんです。

ゴーヤーの土佐和え
  1. ゴーヤーは縦半分に切って、タネをとっておきます。
  2. ゴーヤーを5ミリに切り(苦いの苦手な方は薄切り)、さっとゆでて冷水にとり、ペーパータオルで包んで水気を切ります。
  3. 細かくした鰹節(粉カツオでもOK)とめんつゆをあわせ、ここにゴーヤーを和えたら完成です。
  4. めんつゆの代わりにポン酢でもOKです。
ゴーヤーの佃煮昆布炒め
  1. ゴーヤーは縦半分に切って、タネをとっておきます。
  2. ゴーヤーを5ミリに切り(苦いの苦手な方は薄切り)、軽く塩を振って塩もみし、洗って水気を切っておきます。
  3. フライパンに味付けの細切りの佃煮昆布を入れ、ここにゴーヤーを入れて炒めたら完成です。
  4. 佃煮昆布の代わりに塩昆布でもOKです。
ゴーヤーとポークランチョンミート炒め
  1. ゴーヤーは縦半分に切って、タネをとっておきます。
  2. ゴーヤーを5ミリに切り(苦いの苦手な方は薄切り)、軽く塩を振って塩もみし、洗って水気を切っておきます。
  3. フライパンにサラダ油かオリーブオイル、バターなどを入れ、ゴーヤーと1センチの拍子木切りにしたポークランチョンミートをさっと炒めます。
  4. 仕上げに鰹節をかけてどうぞ。
▼熊八さんが好きなポークランチョンミートはこちら。


ゴーヤーの揚げ物
  1. 揚げるというのは最強のアク抜き方法。そこで、ゴーヤーを揚げ浸しにします。
  2. ゴーヤーは縦半分に切って、タネをとり、1センチ幅に切ります。
  3. ゴーヤーを180度の油で軽く揚げます。
  4. 揚げたてのあつあつを、めんつゆにさっと浸します。
  5. 粗熱をとったら冷蔵庫で冷やし、小ねぎを散らして完成。