森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜

料理人・森野熊八のラジオ番組「森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜」のスタッフがお送りする公式ブログです。

ゲスト

2014年4月から全国各局で放送中、料理人・森野熊八さんのラジオ番組「森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜」。

番組では、熊八さんが全国で出会った季節の味、おいしい味をご紹介。生産者や製造元に電話でインタビューするほか、とっておきの熊八レシピもお送りしています!(一部地域ではオンエアされていない内容もあります)

番組スタッフがお送りするこの番組公式ブログでは、お送りした内容の一部をご紹介します。

1月1日〜 ゲストにクック井上。さんをお迎えしました。

ゲストに料理芸人・クック井上。さんをお迎えしました。

IMG_1913

自分で一番最初の料理の記憶は餃子

お母さんが餃子を作っているそばで、一緒に餃子の餡をこねて皮に包ませてもらったのが、クックさんの一番最初の料理の記憶。餡をこねている時からおいしそうな匂いがして、楽しくて仕方なかったそうです。そこから料理好きに。芸人としての道を歩みつつも、料理のことはずっと大好きでした。下積み時代も外で食べたおいしいものを家で再現していくうちに、料理の腕が上達していきました。

2011年に「料理芸人」を名乗るべく、フードコーディネーターなどの資格を一気に取得。現在は、アスリートの思い出の味を再現するテレビ番組に出演。時に作ったことのない料理や、海外の料理を作ることも。そういった仕事の中で、新しい料理の勉強をしていっているそうです。

クック井上。さんの、人生を変えた思い出の味

クックさんのご両親はお子様ランチを絶対に頼まず、クックさんに大人と同じものを食べさせてくれる家庭でした。

お父さんに、浅草の老舗洋食店「ヨシカミ」に連れて言ってもらった時のこと。厨房でコックさんがフランベして、フライパンから火柱があがるのを見て「かっこいいなぁ」と思ったんだとか。「ヨシカミ」のポークソテーはそんな思い出の味、大人になってから自分でその味を再現してみたこともあるそうです。

芸人仲間を呼んでパーティ「クック井上。料理会」

下積み時代、ライブ終わりの打ち上げに家飲みを開催していたクックさん。芸人仲間からの要求が次第に高まり、今では「クック井上。料理会」という集いを開いているそう。ハードルをあげてくれる仲間のおかげで、料理の腕も上がっていったんだとか。

仲間たちに絶大な人気だったのは、バーベキューで作った「レモニオンソース」。バーベキューで焼く食材がなくなっても、みんながソースだけなめちゃうほどのおいしさなんですって。

おせちにあきたら…お好み焼き

クックさんがおせちに飽きたら食べるのは、お好み焼き。関西出身のクックさんは、ソースの味が恋しくなるんだとか。大阪風から広島風まで、ソースやテイストも変えていろんなお好み焼きを作るそうです。

レモンとオニオンで「レモニオンソース」

クックさんが作った、芸人仲間にも大人気の「レモニオンソース」。玉ねぎのうまみとレモンの酸味でさっぱり食べられるステーキソース。クックさんのお母さまが作っていた、酸味のきいたステーキソースが味のベースになっているんだとか。

グリル野菜、魚介類にかけてもOK。肉を焼いたフライパンにソースを入れて温めてもおいしいそうです。



クック井上。さんの公式ブログ:https://ameblo.jp/twinkle4416/

12月18日〜 ゲストにお菓子・料理研究家の森崎繭香さんをお迎えしました。

ゲストにお菓子・料理研究家の森崎繭香さんをお迎えしました。

IMG_1912

小さい頃のクリスマスケーキの思い出

森崎さんが小さな頃、家でクリスマスに食べるのはホールケーキではなく、いろんな種類のカットケーキを買ってきて好きなものを選ぶシステムだったそうです。森崎さんは、ふわふわなチーズスフレケーキをよく食べていた記憶があるんだとか。お兄さんはいつもモンブランだったんですって。

今の森崎さんが理想とするクリスマスケーキは…モンブラン(笑)。きっと小さい頃からモンブランが食べたかったんでしょうね。土台はスポンジではなくメレンゲ、生クリーム、フランスっぽいマロンペーストのクリームをのせたものを、ちょっとずつ食べるのが理想だそうです。

そんな森崎さんに、クリスマスケーキの作り方、アイデアを教えてもらいました。

型がなくても作れるデコレーションケーキ

ケーキの型がなくても、平たいスポンジを重ねてホールケーキができちゃうんです。
  1. オーブンに付属している天板を使ってスポンジを焼きます。
  2. この平たく四角いスポンジを細長く帯状に5等分に切ります。
  3. この上にクリームを塗ります。
  4. 一番端の細長いスポンジを手前から奥にくるくる巻いて小さなロールケーキを作り、そのロールに次の帯をくっつけてさらに外側に巻き付けます。
  5. これをお皿に横向きにおいて外側に残りのスポンジを巻き付けていきます。
  6. 天板1枚で直径15センチほどの土台ができるので、上からデコレーションすればクリスマスケーキの出来上がりです。

焼かないクリスマスケーキ

土台になるスポンジは市販のものを使うケーキです。他にもパンやビスケットなどもシロップを染み込ませてクリームを塗ればケーキのようになる。楽しいデコレーションの部分だけやっちゃおうという作戦です。

といっても、プロのようなデコレーションはすぐにはできないので、バットやボウルなどを使います。
  1. バットにスポンジを敷き詰めます。
  2. 生クリームを上に乗せて、ゴムベラで平らにならします。
  3. 手持ちのフォークやスプーンでクリームの両面に模様をつけます。
  4. その上にイチゴや飾りを乗せたら完成です。
  5. 食べる時は、大きなスプーンですくうか、冷蔵庫で冷やしてからなら包丁で切れます。


グラスに入れて作るクリスマスケーキ

グラスに入れるだけで作れる、そしてグラスに入れたままテーブルに出せるスイーツなら、ぶきっちょさんでも手作りデザートができちゃいます。
  1. レアチーズケーキなら、上にラズベリーを乗せるだけで白と赤でクリスマス感がでます。
  2. もしグラスの中に入れるなら、中身がしっかりと見えるようにグラスの側面に寄せるように入れます。その際、流し入れるゼラチン生地は少し冷やしてとろみをつけておくと、上手に入れられます。

ロールケーキでクリスマス

ロールケーキのいいところは、デコレーションをしなくても絵になること。そして持ち運びが比較的ラクなこと。頑張ってスポンジを焼いて、作ってみましょう。
  1. シート状のスポンジを焼き、天板から出します。粗熱がとれたら下に敷いている紙をはがして新しい紙を敷いておきます。
  2. ロールした時に下になる部分(スポンジの一番はじっこを1センチくらい)を斜めに切り落とします。
  3. 焼き色がついているほうに、固めにあわ立てた生クリームを塗ります。手前は厚め、奥は薄めでOK。
  4. クリームの上にイチゴをのせておきます。
  5. 巻き始めの芯になる部分だけ最初に強く巻いておきます。
  6. あとは巻き簾の要領で、下に敷いている紙を持ってロール状にしていきます。
  7. 巻き終わりは、紙の上から長い定規などをあてて手前に引きつつ、下に出ている紙を奥に引っ張ります。こうすることでロールケーキがしっかりと巻けます。

森崎繭香さんの著書、1名様にプレンゼント

森崎繭香さんの著書「ボウルやホーローバットで作る焼かずに作れるケーキ」「小麦粉なしでつくるたっぷりクリームの魅惑のおやつ」を2冊セットにして抽選で1名様にプレゼント

ご希望の方は、番組ブログのメッセージフォームから、住所、氏名、電話番号をお書き添えの上ご応募ください。締め切りは2017年12月23日23時59分です。

※お預かりした個人情報は、プレゼント当選者の発送にのみ使用いたします。
※商品の発送をもって、当選者発表にかえさせていただきます。

森崎繭香さんの公式サイト:http://mayucafe.com 

12月11日〜 ゲストに料理カメラマンの さくらいしょうこさんをお迎えしました。

ゲストに料理カメラマンの さくらいしょうこさんをお迎えしました。

IMG_1915

料理ブロガーから料理カメラマンへ

もともと食いしん坊だというさくらいさん、料理関係の仕事がしたくてレストランで働いたり、メニューブックを作ったりしたそうです。やがて料理ブログをスタートすると、毎日料理の写真を撮るようになりました。すると今度は、カメラマンとしての仕事が舞い込むように。いつしか料理カメラマンとして活動するようになりました。

料理写真に必要な3つのポイント

さくらいさんに、料理をおいしく撮るためのコツをうかがいました。

料理にあたる光

料理をおいしそうに写真に撮るには、光の加減を知るのが大切です。特に気をつけてほしいのは、この3つのポイントだそうです。
  1. 光の向き。正面からフラッシュをたくとおいしそうにならないので、フラッシュは絶対にたかないこと。うしろ側から光(いわゆる逆光)、もしくは横からの光。料理の手前に白い紙などを置いてレフ板の代わりにするのもあり。
  2. 光の色。昼間の太陽光が一番綺麗に料理の写真が撮れます。部屋の電気(電球)の色が写ってしまうので、気をつけましょう。部屋の中で昼間に撮る時も、自然光を生かして部屋の電気は消して撮ったほうがいいでしょう。
  3. 光の硬さ。強い日光だと影がくっきりと出ますよね。料理を撮るには、強い日光よりも少し柔らかい光のほうが適しています。くっきりした光ではなくレースのカーテンを通したような柔らかい光のもとで撮影すると、繊細な料理の質感なども表現できます。

料理を撮る角度

食べる人が座った位置から、テーブルの上の料理を見る角度が、一番おいしそうに見える角度。なので、まずは自分の目線の角度で、料理の写真を撮ってみましょう。

しかし、料理の種類によっては違う角度のほうがおいしそうに見える場合もあります。

例えば、お弁当は真上から見たほうが全体がわかるので伝えやすい。大きなお皿の周りにソースがかかっているようなフレンチなどは、真上から。グラスに入ったクリームソーダなら真横から。撮るものによってわかりやすい角度を見定めることが大事です。その料理のどこを見せたいかが、角度を決める時のポイントです

スマホで四角いものを撮影すると、どうしても手前が大きく奥が細く写ってしまいます。すると、本来の料理の大きさは表現できない。そんな時は、自分が後ろに下がって画面をズームして撮影すると、比較的本来の形のまま撮影できます。

撮った写真の加工(修正)

スマホで撮った写真をそのままSNSにアップするのは、スッピン写真を見せているのと同じ(笑)。料理の写真を人に見せるのは「おいしい」という気持ちを共有すること。だからこそ、おいしそうな色味、明るさ、くっきり度、鮮やかさに、写真を加工することをオススメします。今はスマホのカメラに加工機能がついていますし、無料のアプリもたくさん出ていますので、ちょっといじってみてください。明るさを足すだけで、写真が全然違ってきますよ。

【まとめ】料理の写真とは‥…

自分が食べたおいしい料理をたくさんの人に伝えたい、そんなツールでもある料理写真。見る人のことを考えて写真を撮ってSNSにアップすれば、より「おいしい」が伝わるでしょう。

あなたもぜひ、より「おいしそう」な料理写真、撮ってみてくださいね。 

10月16日〜 ゲストに普天間かおりさんをお迎えしました。

沖縄県出身のシンガーソングライター、普天間かおりさんをゲストにお迎えしました。

IMG_1337

普天間家のゴーヤチャンプルー

小さい頃から歌っていて、沖縄のお祭りや地元のラジオ、知らない人の結婚式(!)でも歌っていたそうです。

ゴーヤチャンプルーを食べて育ちました。チャンプルーというのは炒め物で、豆腐が入っているのが本来の姿と言われています。普天間家では、ゴーヤと卵だけのシンプルな「ゴーヤチャンプルー」がよく食卓に上ったそうです。

普天間家のゴーヤチャンプルーは、ゴーヤがしんなりするくらいじっくりと炒めるのがポイント。油となじんでおいしくなるんだとか。味付けは塩、コショウ、醤油、だしの素で。熊八さんは、だしの素の代わりに鰹節で作ったそうです。

普天間さんも大好きな沖縄そば

普天間さんが沖縄に帰るとまず食べるのが沖縄そば。

沖縄そばは、とんこつとカツオだしの合わせスープ。具は三枚肉と紅生姜とかまぼこ。沖縄のかまぼこは、魚のすり身の量が多いので歯ごたえも味も違うんだそうです。

宮古島の昔ながらのお店にいくと、昔、贅沢してないことを役人に示すためにそばの中に肉を隠して出していた、そのスタイルの沖縄そばがあるそうです。

沖縄に帰らないと食べられないものもあります。それが、巻貝のチンボーラー。海の岩場の穴にいる3センチほどの貝だそう。ひたひたの水の中で煮る貝汁は最高においしいんですって。

このチンボーラー、お店では売られていない貝なんだとか。普天間さんも、小さいころから岩場でとって
それを家で調理してもらっていたそうです。

沖縄でお酒を飲んでいると、みんな踊り出す!

沖縄の踊り「カチャーシー」。「カチャーシー」というのは「かきまぜる」というのが語源で、幸せをかき混ぜる、みんなで分かち合うという意味。

沖縄で踊っている人に会ったら、一緒に参加して大丈夫、とのことでした。

沖縄では若者のロックに合わせておじいが踊っている場面に出会うこともあるそうです。

普天間さんの得意料理は肉団子鍋

普天間さんがよく作るのが「肉団子鍋」。コンソメスープに肉団子を入れ、そこにレタスをたっぷり入れるのが好きなんだそうです。

沖縄には鍋料理はあまりありませんが、沖縄のおでんには必ずテビチが入っているんですって。 

北海道で食べたカニのお刺身に驚き!

コンサートで全国各地を訪れる普天間さん。北海道で食べたカニのお刺身がプリンプリンで甘くて、あまりにおいしくて驚いたんだそうです。

沖縄にもカニはいますが、小さいカニなので生では食べないんですって。

また、ラジオ福島で16年パーソナリティをつとめていて、福島のおいしいものにも詳しくなりました。「イカニンジン」や、具材を小さく切ったホタテの貝柱のお汁「こづゆ」もオススメ。また、福島にはおいしい日本酒もたくさんあるそうですよ。

普天間かおりさんのお知らせ

コンサート

普天間かおり 東京文化会館 10th Anniversary Concert 2017
普天間かおり with スペシャルアンサンブル


日時:12月9日(土) 開場14:30 開演15:00
場所:東京文化会館小ホール

CD

ニューアルバム販売中


▼詳しくは、普天間かおりさんのオフィシャルウェブサイトをご覧ください。
http://www.futenma.net

8月21日〜 シンガーソングライターの柿島伸次さんをゲストにお迎えしました。

シンガーソングライターの柿島伸次さんをゲストにお迎えしました。熊八さんとは30年来のおつきあい。番組エンディングテーマ「一歩前へ」の作曲も手がけています。
IMG_0462

役者からシンガーソングライターへ

15歳で劇団に入ってまずは役者として活動。ドラマ「スクールウォーズ」にレギュラー出演。その後、1993年にCDデビューした柿島さん。アニメや映画の劇判製作、作詞作曲アレンジャーとして活動するほか、「トランスフォーマーGF」のOP・EDテーマを歌うなど、多方面で活躍。

ニッポン放送の「オールナイトニッポン」も担当しました。

子供の頃の思い出の味

横浜出身の柿島さん。子供の頃、ほとんど外食はせず、家でお肉ばかり食べていたんだそう。

少年野球をやっていて、その時にお母様が作ってくれるお弁当の定番は「とんかつ弁当」でした。弁当箱にはソースが染み込んだとんかつとキャベツが入っていて、おにぎりは別に添えてあったそうです。このおにぎり、柿島さんが自分で握っていたんですって。

アメリカで食べたハンバーガー

今から20年以上前、柿島さん初めてのレコーディングはアメリカのナッシュビルで行いました。そこに「ファドラッカーズ」というハンバーガーショップがあって、これが衝撃的なうまさでした。なんとトッピングが自由。日本未上陸なので、アメリカに行かれるかたはぜひ食べてみてください。

ライブツアーで思い出の味は、北海道の魚

ライブツアーで全国をめぐる柿島さん。ライブが終わると居酒屋さんへ。札幌の居酒屋さんで食べたホッケが丸々太っておいしかったのが思い出の味なんだそう。他にも、熊八さんのオススメで訪れたという名古屋の串カツ屋さんも、おいしい思い出です。

最近おどろいたのは、釧路のご当地グルメ「スパカツ」。スパゲティの上にカツが乗ったご当地グルメです。

曲はメロディと歌詞が一緒に出てくる

毎日何かしらの創作しているという柿島さん。メロディと歌詞が一緒に出てくるそうです。今後の目標は「やれる音楽は何でもやる」「オーダーされる音楽には全部応えていきたい!」だそうです。

◇柿島伸次さんの情報は、公式ブログをご覧ください。 
柿島伸次 オフィシャルブログ 

◆アルバム「楽しい人生」販売中。


◆ライブ
8/26(土)綱島ブルーコーンカフェ弾き語り
9/2(土)上大岡くんくんしーらや 柿島伸次&アッシュポテト

◆柿島さんのバンド、かっきー&アッシュポテト「スイヘイリーベ ~魔法の呪文~」



◆はなかっぱEDテーマソング「とまとっと...?とうがらし ~やさいしりとり~」
プロフィール
料理人・森野熊八

料理研究家の祖母の影響から、幼心に料理に興味を持つ。16歳から包丁を握り、大学卒業後、フランス料理、イタリア料理を修業。その後、より料理の本質を見極めるため、30歳にして通信教育で家庭科教員免許を取得、大学の講師も務めた実績もある。また、90年より《料理の作り方を歌詞にして、歌いながら料理を作る》というまったく新しいタイプのクッキングショーを考案、料理教室やライブハウスなどで多いに注目を集め、CDもリリースしている。 
放送局・日時
STVラジオ
毎週土 5:05~5:15

青森放送
月~金 11:45~11:55

秋田放送
月~金 12:30~12:40

山形放送
月~金 16:40~16:50

ラジオ福島
月~金 12:50~13:00
楽天市場
記事検索
-PR-


Amazonライブリンク
番組へのメッセージはこちら

名前
本文
カテゴリー
アーカイブ