2020年3月16日の週は、「海苔」をテーマにお送りしました。

海苔にいろんなものを巻いて食べる

板海苔の上にスライスチーズ、千切りきゅうりをのせて巻きます。お好みでマヨネーズをつければ簡単なおつまみに。

魚肉ソーセージを巻くのもおいしい。千切りの長芋を海苔で巻いてワサビ醤油をつけるのもいいですよ。

海苔はパリッとしているほうがいいか、しっとりしたほうがいいか…そこはあなたのお好みでどうぞ。

韓国海苔

  1. 韓国海苔を巻きやすい大きさに切ります。イメージは中巻き寿司くらいの大きさ!
  2. この海苔の上にレタスやネギなどをのせてコチュジャンを乗せ、かいわれなども乗せます。
  3. その上に醤油にごま油を混ぜたものに漬け込んだ刺身を乗せて巻きます。
  4. 食べやすい大きさに切って出来上がり。ごはんのお供に、お酒のアテにどうぞ。

海苔の味噌汁

海苔は海藻。わかめと同じカテゴリーでもあるわけです。ですから、味噌汁にも合うんです。

  1. だしの中に海苔(板海苔)を入れます。しばらくそのままにしておくとほぐれてきます。
  2. ここにお好みの味噌を溶きます。
  3. 具材として合うのは長ネギ。長ネギは薄い小口切りにして水にさらしてから鍋に入れます。

海苔の佃煮

  1. 板海苔をちぎって鍋に入れ、酒、みりん、しょうゆ、砂糖を入れます。
  2. 水分で海苔がふやけたら、火にかけて煮ます。少し塩気が多めに仕上げると、ごはんにあいます。 お好みで、生姜、梅肉、しそ、ごまなどを入れてアレンジを。 ごはんにあわせるだけでなく、バターをたっぷり塗った食パンに海苔の佃煮を薄ーく塗ってトーストするのもおいしいですよ。

揚げ出しどうふに海苔

  1. 豆腐は木綿でも絹でもOK。豆腐はペーパータオル2枚重ねで包んで冷蔵庫に30分ほど入れ、水気を切っておきます。
  2. 立方体に切った豆腐に片栗粉をつけ、海苔をつけ、さらに片栗粉をつけて揚げます。
  3. アレンジするなら、海老の殻向いてお腹から開いて少しトントン叩いて伸ばし、片栗粉をつけます。これを豆腐に乗せて海苔で巻きます。さらに片栗粉をつけて揚げたら、天つゆでいただきます。  刻んだ小ネギとごまダレの組み合わせもオススメです。