2020年3月2日の週は、「そば」をテーマにお送りしました。

そばが好き

日本全国で食べられているそば。全国各地でそばを食べるのが好きな熊八さんによると、全国のそばの違いは「つゆ」にあると言います。

そば屋さんの丼ものもうまい…!

そばの薬味

熊八さん的には、薬味はつゆに入れずに、そばに乗せてその都度味わうのがおススメ。わさびが定番ですが、それより昔は大根おろしが定番だったのだとか。

大葉、三つ葉、薄切りの玉ねぎ、炒りごま、すりごまなど、そばと一緒に召し上がれ。

ちなみに熊八さんがいまハマっているのは、柚子胡椒だそうです。

そばのつゆのアレンジ

そばつゆにごま油をたらす、そばつゆにごまだれを入れる、そばつゆを豆乳で割る、豆乳がいけるなら牛乳もいけるはず!豆乳よりコクのあるそばつゆになります。

そばつゆ自体を変えて、濃いめの塩ラーメンのスープを作って、これにそばをつけるのもオススメです。

また、辛いつゆで食べたいなら、ラー油を入れるといいですよ。

そばのパスタ風

そば粉を使った料理は西洋にもあります。ですから、そばをパスタのように扱うのもいいでしょう。(そばの香りは飛びますが…!)

そばはちょっと固めに茹でたら、冷水でよく洗っておきます。フライパンにバター、ニンニクを入れてここにそばを入れて白ワインをふって塩コショウするだけでおいしい一品に。

ベーコンやトマトを入れてもおいしい。クリームソースやトマトソース系にするとそばがのびてしまうので、ソースの少ないものがオススメです。

スープカレーそば

さらさらスープ、野菜ごろごろ、鶏肉…といった定番のスープカレー。ラーメン業界ではつけ麺も定番ですが、それをそばでやってみようというお話。そばは温かくするとのびてしまうので、冷たくして用意しておきます。このそばをお好みのスープカレーにつけて食べてみると、これが合うんです。

ちなみに、おそば屋さんのカレーは、そばつゆでカレーを薄めています。ですから、おうちでカレーそばを作るなら、カレーにそばつゆを混ぜればOKです。