2019年6月3日の週は、「おもしろい組み合わせ」をテーマにお送りしました。

麺の太さが違うラーメン

自由が丘にかつてあったラーメン屋さんで熊八さんが出会ったのが、太麺と細麺が混ざった一杯。

口の中に入れると独特のおもしろさ。茹で時間が違うので、時間差で茹でていました。

モチっとした太麺と、弾力のある細麺の組み合わせ、熊八さんはお気に入りだったそうですよ。

そばめし

焼きそばにごはんを入れて炒め、ソースで味付けした「そばめし」。発祥は、神戸市長田区のお好み焼き店だそう。

具は豚肉、キャベツ、ネギ程度でOK!

麺を刻んでレンジで少しあたためてから作りましょう。具材を炒めて、刻んだネギとごはんを入れてソースで味付けしたら完成です。

カレーパン

カレーパンの何がおもしろいのか。

カレーパンはパンにパン粉をつけて揚げている

揚げパンはそのまま揚げているのに、どうしてカレーパンはパン粉をつけるんだろう!?

それは謎ですが、パンにパン粉をつけた時の魅惑の味…あなたはお好きですか。

パスタミスト

師匠に「パスタミスト」という名前で教わった料理だけど、調べても出てこない…! というわけで名前は定かではありませんが、少しずつ余ったショートパスタをまとめて使った料理です。

玉ねぎ炒めたところにコンソメスープ、ベーコンなどを入れてスープを作り、ショートパスタをそのまま入れていきます。ゆで時間の長いショートパスタから順番に入れていきます。パスタで少しとろみがついていい感じに仕上がります。

ちょっとパスタを茹ですぎるくらいがちょうどいい料理です。

カスタードクレープ

クレープ生地にも卵、カスタードクリームにも卵、”卵に卵じゃないか”と思った熊八さん。でもよく考えてみたら、シュークリームもカスタードを使ったケーキはたくさんあるのでそんなにおもしろい組み合わせでもないと気づいてしまったそうです(笑)。

クレープといえば、フランス料理のコック時代に作った思い出が。18センチのフライパンを3枚火にかけておき、わずかな時間差でひたすらクレープを焼き続けて100枚…。

フレンチではデザートだけでなく料理にもクレープを使うことがある…そんなメニューがあると山ほどクレープを焼くことになるわけです。若手時代の思い出だそうです。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8457942123464212"
data-ad-slot="2490340280">