ゲストに料理カメラマンの さくらいしょうこさんをお迎えしました。

IMG_1915

料理ブロガーから料理カメラマンへ

もともと食いしん坊だというさくらいさん、料理関係の仕事がしたくてレストランで働いたり、メニューブックを作ったりしたそうです。やがて料理ブログをスタートすると、毎日料理の写真を撮るようになりました。すると今度は、カメラマンとしての仕事が舞い込むように。いつしか料理カメラマンとして活動するようになりました。

料理写真に必要な3つのポイント

さくらいさんに、料理をおいしく撮るためのコツをうかがいました。

料理にあたる光

料理をおいしそうに写真に撮るには、光の加減を知るのが大切です。特に気をつけてほしいのは、この3つのポイントだそうです。
  1. 光の向き。正面からフラッシュをたくとおいしそうにならないので、フラッシュは絶対にたかないこと。うしろ側から光(いわゆる逆光)、もしくは横からの光。料理の手前に白い紙などを置いてレフ板の代わりにするのもあり。
  2. 光の色。昼間の太陽光が一番綺麗に料理の写真が撮れます。部屋の電気(電球)の色が写ってしまうので、気をつけましょう。部屋の中で昼間に撮る時も、自然光を生かして部屋の電気は消して撮ったほうがいいでしょう。
  3. 光の硬さ。強い日光だと影がくっきりと出ますよね。料理を撮るには、強い日光よりも少し柔らかい光のほうが適しています。くっきりした光ではなくレースのカーテンを通したような柔らかい光のもとで撮影すると、繊細な料理の質感なども表現できます。

料理を撮る角度

食べる人が座った位置から、テーブルの上の料理を見る角度が、一番おいしそうに見える角度。なので、まずは自分の目線の角度で、料理の写真を撮ってみましょう。

しかし、料理の種類によっては違う角度のほうがおいしそうに見える場合もあります。

例えば、お弁当は真上から見たほうが全体がわかるので伝えやすい。大きなお皿の周りにソースがかかっているようなフレンチなどは、真上から。グラスに入ったクリームソーダなら真横から。撮るものによってわかりやすい角度を見定めることが大事です。その料理のどこを見せたいかが、角度を決める時のポイントです

スマホで四角いものを撮影すると、どうしても手前が大きく奥が細く写ってしまいます。すると、本来の料理の大きさは表現できない。そんな時は、自分が後ろに下がって画面をズームして撮影すると、比較的本来の形のまま撮影できます。

撮った写真の加工(修正)

スマホで撮った写真をそのままSNSにアップするのは、スッピン写真を見せているのと同じ(笑)。料理の写真を人に見せるのは「おいしい」という気持ちを共有すること。だからこそ、おいしそうな色味、明るさ、くっきり度、鮮やかさに、写真を加工することをオススメします。今はスマホのカメラに加工機能がついていますし、無料のアプリもたくさん出ていますので、ちょっといじってみてください。明るさを足すだけで、写真が全然違ってきますよ。

【まとめ】料理の写真とは‥…

自分が食べたおいしい料理をたくさんの人に伝えたい、そんなツールでもある料理写真。見る人のことを考えて写真を撮ってSNSにアップすれば、より「おいしい」が伝わるでしょう。

あなたもぜひ、より「おいしそう」な料理写真、撮ってみてくださいね。