森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜

料理人・森野熊八のラジオ番組「森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜」のスタッフがお送りする公式ブログです。

2014年4月から全国各局で放送中、料理人・森野熊八さんのラジオ番組「森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜」。

番組では、熊八さんが全国で出会った季節の味、おいしい味をご紹介。生産者や製造元に電話でインタビューするほか、とっておきの熊八レシピもお送りしています!(一部地域ではオンエアされていない内容もあります)

番組スタッフがお送りするこの番組公式ブログでは、お送りした内容の一部をご紹介します。

9月14日〜 高知とショウガ

9月14日~9月19日の放送は、高知県を取り上げました。


高知県といえば「ショウガ」!

矢野農園の矢野憲史さんにお話をうかがいました。

 

ショウガはアジアが原産の植物なので、高温多湿な高知の気候にぴったり。転作作物として発展してきました。国内で栽培されているショウガは4種~10種。味はそんなに変わらないそうですが、辛味や風味、見た目が違います。


露地物のショウガは、3月下旬から4月中旬に種ショウガを植えると、そこから上にどんどん伸びていきます。この伸びた部分が新ショウガで、10月下旬~11月に収穫。この新ショウガを予冷庫、低温多湿で保存したものが囲ショウガ(ひねショウガ)です。新ショウガを収穫したあとの種ショウガは、親ショウガと呼ばれ、これが辛くて硬くておいしいのだそう。なかなか市場には出回らないそうですが、見かけたらぜひ手に入れてみたいですね。


◯「矢野農園」のサイトはこちら

http://yano-buntan.com




今週の熊八レシピは「マグロのショウガ煮」


“さめてもうまい”ショウガ煮の作り方を、熊八さんに教えてもらいました。


【使い方】

刺身用でアラでもブツでもいいので、マグロを大きめに切って、沸騰したお湯で1分ほどゆがいてから水にとり、表面を洗います。汁そばのツユより少し濃いめにしためんつゆに、マグロとショウガの皮を一緒に入れて煮ます。できあがったら、針生姜を盛り付けて完成。針生姜が作れない方は、皮付きショウガを輪切りにして一緒に煮るだけでもOKですよ。


9月7日〜 鳥取と梨

9月7日~9月12日の放送は、鳥取県を取り上げました。


鳥取県の名産「二十世紀梨」の秘密とは

JA全農とっとり 果実課 課長・小椋武さんにお話をうかがいました。

 

二十世紀梨は1888年に千葉県松戸で13歳の少年が発見した苗。試行錯誤の結果、1898年においしい梨が誕生。20世紀を制覇する梨になるだろうと「二十世紀梨」と名付けられました。この梨は全国に広まったのですが、実は病気にかかりやすく、栽培に成功したのは鳥取だけという結果に。鳥取の名産品となりました。二十世紀梨はさわやかな甘さと少し酸味があって本当においしい梨。そんなおいしい二十世紀梨の見分け方は、表面にハリがあって、黄色が強いものがいいそうです。形は丸いほうがまんべんなく成長しているためおいしいのだとか。 保存は常温で。冷やしすぎると甘みを感じないので、食べる2、3時間前に冷蔵庫へどうぞ。


また、鳥取でポピュラーな梨の食べ方のひとつとして、「カレーに入れる!」と教えていただきました。1センチ角くらいに切ったものを、カレーの仕上げに入れ、1、2分で火をとめれば完成です。


◯二十世紀梨も購入できる「JA全農とっとり アグリマーケット」のサイトはこちら
http://www.jan-agri.com



今週の熊八レシピは「肉料理に梨を使う方法」


梨は、つぶつぶつした食感なので、デザートのアレンジにはあまりむいてないので、熊八さん的には「そのまま食べるのが一番うまいよ!」だそう(笑)。ただ、梨の成分が、肉を柔らかくしてくれます。また、食後に梨を食べると消化にもいいですね。


【使い方】

梨をおろして肉をつけると柔らかくなります。梨の味はマイルドなので、肉の風味に影響が少ないのがイイところです。

↓収録の合間に、ディレクターからの差し入れに喜ぶ熊八さん。

IMG_5002

8月31日〜 岐阜県と栗きんとん

8月31日~9月5日の放送は、岐阜県を取り上げました。


岐阜県中津川市の季節の味「栗きんとん」!

御菓子所川上屋の森本さんにお話をうかがいました。

 

中津川は恵那山の山の恵みがあり、昔から栗もよくとれました。江戸時代には宿場町の名物として「栗こわめし」が広く知られるようになったそうです。栗きんとんは、明治中頃に商品化されたもので、ゆでた栗に砂糖と塩を加えて練り上げたお菓子です。栗にはいろんな種類があり、その時期に収穫される栗で作るため、シーズンのはじめと中頃、終わりでは違う栗が使われているんだとか。常温で少しずつ味わっていただくのがオススメです。


◯「御菓子所川上屋」のサイトはこちら
http://www.kawakamiya.co.jp



今週の熊八レシピは「栗の甘露煮の使い方」


栗の甘露煮、そのまま食べるほかにもいろんな使い道があるんです。例えば、洋風料理の付け合わせに。牛肉の赤ワイン煮などにも合うので、ニンジンのグラッセの代わりに箸休めとしてお皿にそえるのもイイですよ。


【作り方】

バターと甘露煮のシロップと水を入れた中で甘露煮をあたためてつけあわせに。クリーム系のソースにも合うので、ベーコンと栗の甘露煮を入れて炒め、白ワイン、生クリームを言われて味を整え、クリームソーススパゲティにするのもアリ。

プロフィール
料理人・森野熊八

料理研究家の祖母の影響から、幼心に料理に興味を持つ。16歳から包丁を握り、大学卒業後、フランス料理、イタリア料理を修業。その後、より料理の本質を見極めるため、30歳にして通信教育で家庭科教員免許を取得、大学の講師も務めた実績もある。
また、90年より《料理の作り方を歌詞にして、歌いながら料理を作る》というまったく新しいタイプのクッキングショーを考案、料理教室やライブハウスなどで多いに注目を集め、CDもリリースしている。 
放送局・日時
STVラジオ
毎週土 5:05~5:15

青森放送
月~金 11:45~11:55

秋田放送
月~金 12:30~12:40

山形放送
月~金 16:40~16:50

ラジオ福島
月~金 12:50~13:00
楽天市場
記事検索
-PR-


Amazonライブリンク
番組へのメッセージはこちら

名前
本文
カテゴリー
アーカイブ