森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜

料理人・森野熊八のラジオ番組「森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜」のスタッフがお送りする公式ブログです。

2014年4月から全国各局で放送中、料理人・森野熊八さんのラジオ番組「森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜」。

番組では、熊八さんが全国で出会った季節の味、おいしい味をご紹介。生産者や製造元に電話でインタビューするほか、とっておきの熊八レシピもお送りしています!(一部地域ではオンエアされていない内容もあります)

番組スタッフがお送りするこの番組公式ブログでは、お送りした内容の一部をご紹介します。

【ゲスト】スペイン料理研究家の加瀬まなみさんをお迎えしました

2019年6月17日の週は、スペイン料理研究家の加瀬まなみさんをゲストにお迎えしてお送りしました。

IMG_9976


加瀬さんは、お父様の仕事の関係でご家族がスペインへ。里帰り感覚でスペインを訪れるうち、すっかりスペイン料理のとりこになったそうです。

スペイン料理と日本料理の共通点は多い

スペイン料理と日本料理の共通点は多く、代表料理のパエリアもいわば炊き込みご飯みたいなもの。米作技術の交流もあったので、お米も日本とすごく似ています。

さらに、スペインと日本とは緯度もほぼ同じなので、気候が似ているんです。リアス式海岸があるので、シーフードも日本と似ている。

実はスペイン名物の生ハムも、作り方は鰹節とほとんど一緒。乾燥させてからカビをつける…という工程が似ています。

日本とスペインは、食材も似ている

スペイン料理では、タマネギ・ジャガイモをよく使います。調味料で欠かせないのはオリーブオイル、ニンニク。

オリーブオイルといえばイタリアやギリシャだと思われるかもしれませんが、実は生産量が一番多いのはスペイン。スペインのオリーブオイルは品質も高くて安いのでオススメです。

そんなスペインのオリーブオイルを手軽に味わうには、冷奴と卵かけご飯がぴったり!

冷奴にオリーブオイルと塩コショウ、卵かけご飯にオリーブオイルと塩コショウ。

シンプルな食べ方でオリーブオイルの個性がよくわかるので、いろいろな種類のオリーブオイルを試して、好きな味を見つけてくださいね。

パエリア

日本で「パエリア」といえば具材はシーフードですが。本場はスペイン・バレンシアが発祥の料理で、使われる具材は鶏肉、ウサギ、インゲンなどの豆で作られます。

ウサギの骨やレバーからダシが出るので、味付けは塩だけ。鶏肉やウサギをしっかり焼くので香ばしさもあって、加瀬さんも初めて食べた時は本当に驚いたそう。

本来「パエリア」というのは鍋の名前ですが、自宅で作るならフライパンでもホットプレートでもOK。材料も、冷蔵庫にあるもので気軽に挑戦してみてください。

お米も日本のものでOKですが、高級なお米は水分量が多いことがあるので、ごくごく普通のお米を使うのがオススメ。

重要なポイントは。お米を洗わずに使うこと

お米に最初にダシを吸わせたいので、水で洗わずに2、3分ダシの中で煮るようにしてからフタをしましょう。

加瀬まなみさんのパエリアのレシピ、詳しくはこちらの本をご覧ください。

厚焼きオムレツ「トルティージャ」

「トルティージャ」、日本でいう「スパニッシュオムレツ」のこと。 
(ちなみにトルティーヤは、全く違うメキシコ料理です)

「トルティージャ」のスタンダードな材料は、タマネギ、ジャガイモ、卵、塩、オリーブオイル。

卵料理だけど、主役は中の具材。タマネギとジャガイモをオリーブオイルで加熱したおいしい具材を、卵でコーティングする感じです。他にも、生ハムの端っこの硬いところなどを入れることもあります。

日本の卵焼きは焼き目がつかないように仕上げることが多いのですが、「トルティージャ」は綺麗な焼き色がきちんとついているのがおいしさの演出になります。

ピンチョスの定義とは

「ピンチョス」とは串にささった料理で、昔はお会計のときに串の数で計算していました。

ピンチョスと同じくらいよく聞くのが「タパス」。こちらは小皿に乗った一品料理のこと。語源となった「タパール」は、スペイン語で「蓋をする」という意味。その昔、店でワインを出す際に虫が入らないよう、グラスにお皿のようなものを乗せた。すると店主がその皿の上に生ハムを乗せるようになった。それ見た他の店主が「ならばうちは違う一品を…」と広がっていったと言われます。

というのが大まかな定義。ちなみに、バスクやサンセバスチャン地方では、串ではなく、パンに乗っているものをピンチョスと呼ぶこともあるそうで、同じスペイン国内でも微妙な違いがあるんだとか。

同じ料理でも、小皿に乗ったら「タパス」、串に刺したら「ピンチョス」…!?

加瀬さんオススメの 簡単ピンチョス2つ

●バナナ、イチゴ、カキなどを、生ハムでくるっと巻く。
●唐揚げに蜂蜜と粒マスタードをつける。

これならすぐに作れそう!

ぜひあなたも試してみてくださいね。

▼加瀬まなみさんの著書や最新情報は、公式ホームページをご覧ください。
http://megusta.tokyo/

【お酢】ドッレシングがなければ、サラダにお酢をかければいいじゃない

2019年6月10日の週は、「お酢」をテーマにお送りしました。

ラーメンにお酢

普段の料理でお酢、使いますか。外食に行ってお酢をかけるといえば中華料理!

五目かた焼きそばにお酢、あいますね。餃子に酢醤油も定番でしょう。

ではラーメンはどうか。中華料理屋さんの中華そばや、ラーメン店の脂多めのラーメンにはお酢が合うんです。

「酸っぱい麺料理なんて」という方、サンラータン麺という酸っぱ辛い麺料理がありますよね。あんな感じで、酸っぱい麺はアリ。 お酢を入れることでさっぱりする 味もリセットされて最後までおいしくいただける、 冷やし中華にもお酢は合いますね。

サラダにお酢をかける

サラダのドレッシングには、お酢を使ったものがたくさん。タマネギ、セロリや人参をミキサーに入れて、お酢とオリーブオイル、塩を入れれば凝ったドレッシングが完成します。でも、自分で作るのはちょっと面倒ですよね(笑)。

そんなときは、レタスにタマネギやセロリ、人参などをサラダの具として盛りつけます。そこにお酢やレモン汁をかけ、オリーブオイル、塩をかけて、お皿で自分で軽く和えたらドレッシング風のあじわいになります。

それも面倒だという方は…市販のドレッシングを混ぜるという方法もありますよ。フレンチと和風、イタリアンと和風など、一度混ぜてかけてみてください。

焼き魚にお酢

焼き魚に酢!?と思った方、ポン酢をかけたことはありませんか。焼き魚にお酢をプラスするのは、普段から食べ慣れた味。

レモンもいいですが、果物とは違う酸味がありますから、いつもと違うあじわいになります。

アジの塩焼きに、普通のお酢(穀物酢でも米酢でも)をちょっとかけてみましょう。さっぱりします。

りんご酢をかければ甘さが出たり、中国酢(香酢)をかければ中華風の雰囲気に。すし酢やワインビネガーもいいですね。お酢をちょっと変えるだけで違う風味になりますよ。

酸っぱいのが苦手な方は、お酢をレンジで温めてから使ってみてください。酸味が和らぎますよ。

唐揚げにお酢

唐揚げにレモンは定番。酸味は合いますので、お酢をかけてもおいしいんです。

チキン南蛮も、揚げた鶏肉を甘酢に絡めて、その上にタルタルソースをのせています。

他にお酢をかけた唐揚げといえば、油淋鶏というお酢のきいたネギだれがかかった料理がありますね。このお酢のたれもいったん温めてから作っています。

トンカツやエビフライ、アジフライなどにお酢をかけるのもアリですよ。

ネギとすし酢とごま油を混ぜたものに、揚げたての唐揚げを絡めるとおいしい一品に。唐揚げの余熱でネギに火が入って仕上がります。

黒酢を使ったデザート

日本の黒酢と中国の黒酢はあじわいが違います。

中国では点心を食べるときに黒酢につけ、千切り生姜と一緒に食べます。

黒酢に砂糖をたっぷり入れて煮詰めます。トロトロになってきたら完成。バニラアイスにかけるとすごくおいしいソースになります。

パンケーキやヨーグルトにかけてもおいしいですが、アイスにかけるなら絶対にバニラにしてください(笑)。

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8457942123464212"
data-ad-slot="2490340280">

【おもしろい組み合わせ】パンにパン粉つけて揚げたものって?

2019年6月3日の週は、「おもしろい組み合わせ」をテーマにお送りしました。

麺の太さが違うラーメン

自由が丘にかつてあったラーメン屋さんで熊八さんが出会ったのが、太麺と細麺が混ざった一杯。

口の中に入れると独特のおもしろさ。茹で時間が違うので、時間差で茹でていました。

モチっとした太麺と、弾力のある細麺の組み合わせ、熊八さんはお気に入りだったそうですよ。

そばめし

焼きそばにごはんを入れて炒め、ソースで味付けした「そばめし」。発祥は、神戸市長田区のお好み焼き店だそう。

具は豚肉、キャベツ、ネギ程度でOK!

麺を刻んでレンジで少しあたためてから作りましょう。具材を炒めて、刻んだネギとごはんを入れてソースで味付けしたら完成です。

カレーパン

カレーパンの何がおもしろいのか。

カレーパンはパンにパン粉をつけて揚げている

揚げパンはそのまま揚げているのに、どうしてカレーパンはパン粉をつけるんだろう!?

それは謎ですが、パンにパン粉をつけた時の魅惑の味…あなたはお好きですか。

パスタミスト

師匠に「パスタミスト」という名前で教わった料理だけど、調べても出てこない…! というわけで名前は定かではありませんが、少しずつ余ったショートパスタをまとめて使った料理です。

玉ねぎ炒めたところにコンソメスープ、ベーコンなどを入れてスープを作り、ショートパスタをそのまま入れていきます。ゆで時間の長いショートパスタから順番に入れていきます。パスタで少しとろみがついていい感じに仕上がります。

ちょっとパスタを茹ですぎるくらいがちょうどいい料理です。

カスタードクレープ

クレープ生地にも卵、カスタードクリームにも卵、”卵に卵じゃないか”と思った熊八さん。でもよく考えてみたら、シュークリームもカスタードを使ったケーキはたくさんあるのでそんなにおもしろい組み合わせでもないと気づいてしまったそうです(笑)。

クレープといえば、フランス料理のコック時代に作った思い出が。18センチのフライパンを3枚火にかけておき、わずかな時間差でひたすらクレープを焼き続けて100枚…。

フレンチではデザートだけでなく料理にもクレープを使うことがある…そんなメニューがあると山ほどクレープを焼くことになるわけです。若手時代の思い出だそうです。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8457942123464212"
data-ad-slot="2490340280">

プロフィール
料理人・森野熊八

料理研究家の祖母の影響から、幼心に料理に興味を持つ。16歳から包丁を握り、大学卒業後、フランス料理、イタリア料理を修業。その後、より料理の本質を見極めるため、30歳にして通信教育で家庭科教員免許を取得、大学の講師も務めた実績もある。また、90年より《料理の作り方を歌詞にして、歌いながら料理を作る》というまったく新しいタイプのクッキングショーを考案、料理教室やライブハウスなどで多いに注目を集め、CDもリリースしている。 
放送局・日時
STVラジオ
毎週土 5:05~5:15

青森放送
月~金 11:45~11:55

秋田放送
月~金 12:30~12:40

山形放送
月~金 16:40~16:50

ラジオ福島
月~金 12:50~13:00
楽天市場
記事検索
-PR-


Amazonライブリンク
番組へのメッセージはこちら

名前
本文
カテゴリー
アーカイブ