森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜

料理人・森野熊八のラジオ番組「森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜」のスタッフがお送りする公式ブログです。

2014年4月から全国各局で放送中、料理人・森野熊八さんのラジオ番組「森野熊八グルメタイム〜ニッポン全国 うまい、うまい!〜」。

番組では、熊八さんが全国で出会った季節の味、おいしい味をご紹介。生産者や製造元に電話でインタビューするほか、とっておきの熊八レシピもお送りしています!(一部地域ではオンエアされていない内容もあります)

番組スタッフがお送りするこの番組公式ブログでは、お送りした内容の一部をご紹介します。

【オーブン料理】おなじみのメニューをオーブンでアレンジ!

2018年12月3日の週は、「オーブン料理」をテーマにお送りしました。

鶏肉のグラタン

  1. 鶏肉を食べやすい大きさに切って塩コショウ、粉をつけて、、周りを軽く焼きます、。
  2.  オリーブオイルかバターを塗った耐熱皿に根菜(皮剥いたジャガイモ、ニンジンなど)を鶏肉根菜類をいれて、塩コショウ、してそのまま二百度くらいでゆっくり焼きます。
  3. ローズマリーやタイムなど生のハーブを一緒に入れたり、粉チーズを振って仕上げるのもオススメ。
もし、ジャガイモなどに火が通る前に焦げてきたら、アルミホイルを2重にしてかぶせると蒸し焼きになります。

ナスのミートグラタン

  1. ミートソース(手作りでも市販のものでもOK)を用意します。 
  2. ナスはへたをとって縦に薄切りにし、水にさらしてアクをぬいて、ペーパータオルで水気をふきとります。
  3. フライパンにオリーブオイル多めに入れ、ナスを焼きます。 
  4. 焼きあがったナスに塩コショウをして、耐熱皿のフチにナスをひっかけるようにして並べます。イメージはみかんの皮をむいたところのような感じです。
  5. 敷き詰めたナスの上にミートソースをいれて、皿のフチにかけておいたナスをかぶせるようにして包みます。
  6. その上にピザ用チーズを乗せて焼いたら完成です。

カレーグラタン

カレーが少し残った時にもオススメ。
  1. 芋類(ジャガイモ、サトイモ、サツマイモ、長芋など)を用意します。 
  2. ジャガイモ、サトイモ、サツマイモは下ゆでするなど加熱しておきます。長芋はそのままでOKです。 
  3. 耐熱皿にバターかオリーブオイルなどを塗って芋を入れ、カレーに肉類が残っていないなら味のついた加工肉(ベーコンやソーセージ、ハムなど)を入れ、カレーをかけてオーブンで焼きます。 レトルトカレーでもできますよ。

チーズステーキ

  1. 2〜3センチの厚さの肉に塩コショウをして、フライパンで仕上げの一歩手前まで焼きます。
  2. 耐熱皿にステーキを置き、その上にチーズを乗せて、オーブンで強火で表面のチーズを焼いたら完成です。 
  3. 焼いたステーキをサイコロ状に切ります。鍋でチーズを溶かしてステーキにかける方法があります。
  4. ソースをつけたい場合は、トマトソースやレモン汁が合います。

サツマイモのデザートグラタン

  1. 皮付きのサツマイモを、茹でるかレンジで加熱して、1センチの輪切りにします。この時にちょっと味見して甘さを確認します。
  2. 耐熱皿の内側にバター塗って、 輪切りのサツマイモをドミノだおしのように隣同士がちょっと重なるようにして並べます。サツマイモが甘くないようなら砂糖をパラパラと振っておきます。
  3. 缶詰の黄桃や杏、りんごなど、酸味のある果物を一緒にいれて、生クリームをお皿の下5ミリ半分くらいのところまで入れます。
  4. 200度くらいのオーブンで焼き、焼きあがったらメープルシロップをかけ、クリームチーズやアイスクリームなどをそえてどうぞ。 

style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gn-q+39-1n-4w"
data-ad-client="ca-pub-8457942123464212"
data-ad-slot="5435116860">

【レーズン】ビーフシチューのアクセントにもぴったり

2018年11月26日の週は、「レーズン」をテーマにお送りしました。

レーズンバター

バターとレーズンをまぜたもの。熊八さんはあえて有塩バターを使います。そのほうがバターの風味が強く感じられます。
  1. レーズンにラム酒(水とレモン汁でもOK)をふりかけて保存袋に入れて半日おきます。
  2. 有塩バターと混ぜれば出来上がりです。

レーズン入りチョップドサラダ

チョップドサラダとは、野菜を細かく切って混ぜて、スプーンですくって食べるサラダです。ここにレーズンを入れると「イイ感じ」になります。
  1. きゅうり、パプリカ、大根、玉ねぎ(水にさらして塩もみしたもの)、セロリ(水にさらして塩もみしたもの)、茹でたブロッコリー、茹でたアスパラ、プチトマトなどをサイコロ状に切ってボウルに入れます、。
  2. そこにレーズンをたっぷり入れます。
  3. さらにナッツ(ミックスナッツなど数種類がオススメ)を入れます。
  4. 市販のドレッシングで和えたら完成です。

ビーフシチュー(牛肉の赤ワイン煮込み)にレーズン

本格的な「牛肉の赤ワイン煮込み」には、レーズンが合います。

なぜなら、赤ワインもレーズンも元はぶどうだから!

ビーフシチューを食べる10分前に鍋にレーズンを入れて温めます。レーズンの甘みと酸味がアクセントになって違和感なく味わえますので、ぜひお試しください。

レーズンサンド

  1. バターに砂糖を入れてよく混ぜ、さらに生クリームを入れてバタークリームを作ります。
  2. レーズンは、ラム酒につけて柔らかくしておきます。
  3. 市販のビスケットにバタークリームを塗り、レーズンをのせてもう1枚のビスケットではさみ、冷蔵庫で1時間ほど冷やしたら完成です。

レーズン入りのレアチーズケーキ

  1. クリームチーズ(200〜250g)に砂糖(80〜100g)を混ぜます。
  2. ここにレモン汁½個分を混ぜます。
  3. 鍋に水(大1)、キルシュワッサー(大2)を入れてあたため、水でふやかした粉ゼラチン(大1)を入れます。
  4. (3)をクリームチーズに入れてよくまぜて、八分立てにした生クリーム(300cc)を混ぜれば、レアチーズケーキのベースが完成。
  5. このベースをカップに入れて、レーズンをいれて冷やせば出来上がりです。
  6. ケーキの土台を作りたい場合は、砕いたビスケット(200g)にバター(100g)を混ぜてぎゅっと押し固め、この上にレアチーズケーキのベースをのせます。


style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gn-q+39-1n-4w"
data-ad-client="ca-pub-8457942123464212"
data-ad-slot="5435116860">

【こんにゃく】熊八さんもこれでダイエットに成功!?

2018年11月19日の週は、「こんにゃく」をテーマにお送りしました。

こんにゃくの煮物のコツ

基本的には、こんにゃくは下ゆでしましょう。

こんにゃくに味を染み込ませたいなら、煮てからいったん冷まします。

油と相性がいいので、和風の煮物の仕上げにごま油をかけるのもオススメです。

雷こんにゃく

ピリッと辛い、こんにゃくの炒め煮「雷こんにゃく」を作ります。
  1. こんにゃくを食べやすい大きさに角切りにして、下ゆでして水気をしっかり切ります。手でちぎってもOKです。
  2. サラダ油でこんにゃくを炒め、唐辛子を加えてきんぴらの味付けにします。
  3. 仕上げにごま油を入れ、器に盛ったら、かつおぶしを乗せて完成です。

こんにゃく麺

最近は、こんにゃくでできたラーメンなど、麺も多く出ています。そのクオリティも年々上がって、こんにゃくとは思えないものも。

こんにゃく麺の特徴は「のびないこと」(笑)。時間が経っても汁気をすってぶよぶよなんてことがないのでオススメです。

こんにゃく麺が見つからないかたは、しらたきを食べやすい大きさに切って下ゆでして、キムチなどとあわせてビビン麺や冷麺に。

熊八さんのダイエット成功、実はこんにゃく麺のおかげだそうですよ。

真砂和え

  1. しらさきを5〜10センチに切って下ゆでして、ペーパータオルで水気を切ります。
  2. 生たらこの薄皮をとってから酒を振り(一腹に小1/2ほど)、卵の粒をほぐしておきます。
  3. しらたきは、フライパンでから炒りします。水気がなくなったらたらこを入れ、醤油を少々入れ、超弱火でたらこのアルコールを飛ばしたら完成です。

こんにゃくバーガー

  1. 板こんにゃくをスライスして1.5〜2センチの厚さにして、大きさも半分に切っておきます。
  2. 下ゆでして水気を切り、多めの油であげ焼きして、照り焼き風に味付けします。
  3. トーストしたパンにレタスやマヨネーズ、ピクルスなどと一緒に挟んでいただきます。


style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gn-q+39-1n-4w"
data-ad-client="ca-pub-8457942123464212"
data-ad-slot="5435116860">

プロフィール
料理人・森野熊八

料理研究家の祖母の影響から、幼心に料理に興味を持つ。16歳から包丁を握り、大学卒業後、フランス料理、イタリア料理を修業。その後、より料理の本質を見極めるため、30歳にして通信教育で家庭科教員免許を取得、大学の講師も務めた実績もある。また、90年より《料理の作り方を歌詞にして、歌いながら料理を作る》というまったく新しいタイプのクッキングショーを考案、料理教室やライブハウスなどで多いに注目を集め、CDもリリースしている。 
放送局・日時
STVラジオ
毎週土 5:05~5:15

青森放送
月~金 11:45~11:55

秋田放送
月~金 12:30~12:40

山形放送
月~金 16:40~16:50

ラジオ福島
月~金 12:50~13:00
楽天市場
記事検索
-PR-


Amazonライブリンク
番組へのメッセージはこちら

名前
本文
カテゴリー
アーカイブ